ワクチン・予防接種 

当院では杉並区と契約を行い、定期予防接種、およびロタウィルス、おたふくかぜ、インフルエンザワクチンの任意予防接種を実施しています。事前予約にて承っておりますので希望の方はこちらからご予約お願いします。

 

予防接種を受ける時に必要なものはありますか?

保健証、乳児医療証、母子手帳、杉並区のワクチン問診票を記載の上お持ちください。

予防接種当日の注意点は何かありますか?

37.5℃以上の発熱や風邪症状があった場合には注射を延期いたしますのでご連絡ください。またロタウィルスの予防接種を受けられる方はミルクを来院30分以上前に済ませてから来院ください。

予防接種の同時接種は大丈夫でしょうか?

当院では患者さんの負担を軽減するために予防接種の同時接種を行っています。ワクチンを1度接種した後には一定期間を空けなければ他のワクチンを注射することはできません。しかし複数のワクチンを同時に接種することについてはお互いのワクチンが影響したり、それによって副反応が増えたりすることはないと報告されています。日本小児科学会は同時接種を推奨しており当院でもその考えに基づいて同時接種を推奨しています。

予防接種を受けた後の注意点はありますか?

当日予防接種後しばらくは副作用が認めないか当院で様子を見ますのでお時間に余裕を持っておいてください。また予防接種1時間は入浴を避けるようにお願いします。普段通りの生活をしていただいて構いませんが水泳など激しい運動は控えるようにしましょう。

予防接種をすればその病気にかからなくなりますか?

予防接種をした多くの人がその病気に対しての免疫ができます。しかし人によって免疫ができるかどうかは様々です。ただし予防接種をした事でその病気の引き起こす合併症(肺炎など)が重症になることを防いでくれるものもあり、予防接種を打つことをお勧めします。

定期予防接種と任意予防接種の違いは何ですか?

定期予防接種は予防接種法という法律で注射を市区町村が支払って打つ注射のことです。そのため患者さんは杉並区の問診票を持参いただければ無料で予防接種を打つことができます。任意予防接種は小児科学会が注射をすることを推奨するものの、患者様に料金を負担していただく必要のある予防接種です。任意予防接種は自己負担が発生しますが、注射を打つことをお勧めします。

定期予防接種ワクチン:

ヒブ、肺炎球菌、B型肝炎、4種混合、BCG、麻しん風しん、水痘、日本脳炎、2種混合、ヒトパピローマウィルス

任意予防接種ワクチン:

ロタウィルス、おたふく、インフルエンザウィルス

受けておくべき予防接種にはどんなものがありますか?

  • インフルエンザ菌 ヒブ

予防接種の種類:定期予防接種

注射を受ける標準的な年齢:初回の予防接種開始は生後2ヶ月以上7ヶ月未満です。5歳になる前に注射を完了させる必要があります。

必要な接種回数:4回(初回の開始が7ヶ月を過ぎると回数が減ります)

注射と注射の間隔:1〜3回目はそれぞれの間を27日以上あけて注射します。4回目は3回目から7ヶ月以上あけて注射します。

 

  • 肺炎球菌

予防接種の種類:定期予防接種

標準年齢:初回の開始は生後2ヶ月以上7ヶ月未満です。5歳になる前に注射を完了させる必要があります。

接種回数:4回(初回の開始が7ヶ月を過ぎると回数が減ります)

接種間隔:1〜3回目はそれぞれの間を27日以上あけて注射します。4回目は3回目から60日以上あけて、且つ1歳以降に注射します。

 

  • B型肝炎

種類:定期予防接種

標準年齢:生後2ヶ月以上9ヶ月未満の間に完了させます。

接種回数:3回

接種間隔:2回目は1回目から27日以上あけます。3回目は1回目から20週以上あけて注射します。

 

  • ロタウィルス

種類:任意予防接種

標準年齢:初回は生後146日までが望ましいとされています。生後6週から24週までの間に接種を完了させます。

接種回数:2回

接種間隔:28日以上あけて注射します。

 

  • 4種混合ワクチンDPT-IPV(ジフテリア、百日咳、不活化ポリオ、破傷風)

種類:定期予防接種

標準年齢:1期初回は生後3ヶ月以上1歳未満、最後の注射を7歳6ヶ月までに注射を完了させる必要があります。

接種回数:4回(1期初回が3回、1期追加が1回)

接種間隔:1〜3回目はそれぞれ2056日あけて、1期追加は1期初回の3回目終了から6ヶ月以上あけて注射します。

 

  • BCG

種類:定期予防接種

標準年齢:生後5ヶ月以上8ヶ月未満に行います。

接種回数:1回

 

  • 麻しん、風しん MR

種類:定期予防接種

標準年齢:1回目は1歳以上2歳未満、2回目は小学校入学前の1年間に行います。

接種回数:2回

 

  • 水痘

種類:定期予防接種

標準年齢:1歳以上3歳未満。1回目は1歳以上13ヶ月未満です。

接種回数:2回

接種間隔:6〜12ヶ月あけて2回行います。

 

  • おたふくかぜ

種類:任意予防接種

標準年齢:1回目は1歳早期、2回目は小学校入学前の1年間に行います。

接種回数:2回

 

  • 日本脳炎

種類:定期予防接種

標準年齢:1期初回は3歳以上4歳未満、1期追加は4歳以上5歳未満。2期は9歳以上13歳未満

接種回数:1期初回を2回、1期追加を1回、2期を1回の計4回です。

接種間隔:1期初回は6日以上あけます。1期追加は1期初回の2回目終了後6ヶ月以上あけて1回です。2期は9歳以上13歳未満の間に接種します。

 

  • インフルエンザウィルス

種類:任意予防接種

標準年齢:生後6ヶ月以上

接種回数:13歳未満は2回、13歳以上は1回か2回行います。

接種間隔:4週間あけます。

 

  • ヒトパピローマウイルス(子宮頸がんワクチン)

種類:定期予防接種

標準年齢:小学校6年〜高校1年

接種回数:3回

接種間隔:1回目と2回目の間は1ヶ月以上あけて行います。2回目と3回目は3ヶ月以上あけて行います。

※現在杉並区では推奨はされていませんが、産婦人科学会は推奨しております。注射を希望の方は一度来院して医師と相談の上注射をするようお願いします。

 

いかがでしょうか。予防接種はスケジュールが複雑で大変だと思います。何を注射したらいいのか、こういった場合は接種できるかなどご不安な点はどうぞ当院で予防接種についてご遠慮なく相談いただければと思います。またご自分で詳細を調べたい方は以下の参考資料から他のサイトにアクセスしてみてください。予防接種の予約はこちら

参考資料:

日本小児科学会の予防接種スケジュール

日本小児科学会の同時接種について

日本小児科学会作成のワクチンについてのパンフレット(わかりやすくおすすめです)