アレルギー・花粉症 

アレルギーってどういうこと?

アレルギーとは身体に入ってくる異物(原因物質)に対しての免疫が過剰に反応してしまい、自分の身体に悪影響が出てしまうことです。アレルギーを起こす異物は自分の身体以外の全てのものをさします。頻度の高い代表的なものとしては、植物、食物、ハウスダスト、カビ、虫刺され、動物、薬、金属などがあります。またアレルギーの反応も様々で食物アレルギー、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、喘息、じんま疹、アトピー性皮膚炎、接触性皮膚炎などが頻度の高い病気として挙げられます。当院ではいずれの疾患も診療しております。

アレルギーの症状はどんなものがあるの?

食物アレルギー:皮膚のかゆみ、ブツブツ、腫れ、吐き気、腹痛、下痢、だるさなどがあります。皮膚の症状に加えて息苦しさや脱力が動けない場合、もしくは腹痛下痢などのお腹の症状があった場合にはアナフィラキシーというアレルギーの重症な反応の可能性が高いのですぐに救急車で病院受診をする必要があります。

花粉などの季節性のアレルギー:鼻水、鼻づまり、眼のかゆみや腫れがあります。

皮膚のアレルギー:ブツブツや赤み、むくみなどがあります。また接触性皮膚炎という病気では異物が触れたところにだけブツブツが出ることもあります。

アレルギーの検査ってどんなもの?

当院でのアレルギー検査は採血で調べます。調べられる項目は卵、牛乳、肉、魚、穀物、豆類、野菜、果物、昆虫、ハウスダスト、ダニ、カビや細菌、樹木、イネ科植物、雑草、一部の職業性物質など様々あります。検査結果は3〜5日でわかります。アレルギー検査の結果は0〜6の7段階で帰ってきます。明らかなアレルギーと認められるのは検査が2〜6のいずれかの場合です。検査の数値が大きいほどアレルギーの症状が起こりやすくなります。ただし数値が大きいほど症状が強くでる、というわけではありません。そのため検査の数値が大きくても症状がなければ治療は行わず様子をみます。

花粉症があると食物アレルギーも起こりやすいの?

花粉症をお持ちの方は食物アレルギーも起こりやすいとされており、花粉食物アレルギー症候群と呼ばれています。以下のそれぞれの花粉症がある方は食べ物で症状が起こりやすいと言われています。もし花粉と食物のいずれかの両方が当てはまる時には他の食べ物も注意をしましょう。

花粉

食物(野菜・果物・ナッツ)

スギ・ヒノキ

トマト

ハンノキ

バラ科(リンゴ・モモ・イチゴなど)

ウリ科(メロン・スイカ・キュウリ)

大豆(豆乳)、山芋、セロリ、マンゴーなど

シラカバ

バラ科(リンゴ・モモ・イチゴなど)

セロリ、キウイ、ピーナッツなど

カモガヤ

メロン、スイカ、セロリ、米・小麦など

ブタクサ

スイカ、メロン、バナナなど

ヨモギ

人参、セロリ、香辛料など

 

アレルギーの症状が出た時には病院に行った方がいいの?

食物アレルギーの症状が出た場合には受診されてください。アレルギーを抑える飲み薬を処方いたします。ブツブツやかゆみが軽減されます。皮膚のアレルギーの場合には塗り薬も症状に合わせて処方いたします。最も重症なアレルギーであるアナフィラキシーの症状が出た場合には緊急性が高いのですぐに杉並区の救急病院を受診するようにしましょう。

アレルギーを予防するためには?

食物アレルギー:食物アレルギーが判明している場合には原因となる食物を避けましょう。たとえひとかけら食べただけでも重症な反応になることがあります。そのためレストランなど外食する場面では食物アレルギーであることを伝えましょう。しかしどれだけ注意を払って生活していても間違えてしまうことはあり得ます。アレルギーが強く出てしまいご自分で動けなくなった場合に備えて財布に食物や薬のアレルギーの内容や緊急連絡先を記載したメモを入れておきましょう。またアナフィラキシー症状を起こしたことがある方の場合にはエピペンの注射を携帯しましょう。エピペンとはアナフィラキシーになった時に患者さんご自身で打つ注射でアナフィラキシーの絶対的な治療薬です。当院にて処方いたしますのでご相談ください。

花粉などの季節性アレルギー:できるだけ外出の時間を短くするようにするのが望ましいですが社会生活をする上で難しいと思います。市販のマスクや花粉対策用眼鏡を使用しましょう。自宅や車では窓を閉めるようにして、フィルター付きの空気清浄機やエアコンを使用しましょう。掃除をするときは窓際を入念に掃除し、布団や洗濯物は外干しを避けましょう。ベッドで横になる前にはシャワーを浴びて髪や皮膚についた花粉を洗い流すようにしましょう。また一般の薬局で販売している鼻うがいも鼻の粘膜についた花粉を洗い流すのに適しています。花粉が流行してくる時期より前(バレンタインデー付近が目安です)から鼻の薬を使い始めるようにしましょう。当院で眠くならない内服薬や点鼻薬、点眼薬を処方いたします。流行に入る前から花粉は飛んでいるからです。お住まいの地域の現在の花粉飛散状況はこちらのサイトからお調べください。

ダニ、ハウスダストアレルギー:週に2回以上は掃除をして、掃除機はゆっくりかけましょう(畳一枚の広さを30秒ほどかけて掃除するのが目安です)。布張りのソファー、カーペット、畳は避けるようにしましょう。ベッドのマットや布団、まくらにはダニを通さないカバーをかけましょう。特に布団は1日6、7時間も接触しているので対策が大事になります。週に2回は布団を干し、布団の湿気を減らすために布団乾燥機や布団掃除機を使用しましょう。そしてシーツや布団カバーは週に1回以上は洗濯しましょう。症状が辛い場合には当院で内服薬、点鼻薬、点眼薬を処方いたします。

また、スギ花粉のアレルギーやダニのアレルギー鼻炎をお持ちの場合には舌下免疫療法という治療でアレルギー症状を改善することができます(詳細は舌下免疫療法をご参照ください)。

 

アレルギーは原因物質も症状も人それぞれですが、日常生活への影響の大きいため皆さんご苦労されています。少しでも楽になれるようお手伝いさせて頂きます。荻窪にお住いの方でご心配な方はどうぞ中島医院でご相談ください。