旅行薬

中島医院では海外旅行中にちょっとした症状があった時に使えるお薬のセットで処方いたします。旅先で下痢になる人は目的地によっては70%と言われています。海外で薬を買うのは言語の問題、また地域によっては偽薬が普通に販売されており、それを購入するリスクもあり簡単な事ではありません。そのため当院では厚生労働省検疫所FORTHが推奨する旅行に必要な薬を自由診療で処方しております。料金は3000円で以下がセット内容になります(バラ売りはしておりません)。また、薬は機内持ち込み荷物に入れるとセキュリティに没収される可能性がありますのでチェックインする荷物に入れるようにしてください。

 

旅行薬セット Travel medicine

解熱鎮痛薬:カロナール500mg 10回分

用法:発熱がある時や痛みがある時(咽頭痛、頭痛、生理痛)に使用します

用量:1回1錠、4時間あけて再度内服していただいて構いません

整腸剤:ミヤBM錠 12

用法:下痢や腸の調子が悪い時に使います

用量:1日3錠、1回1錠 4日分

胃腸炎:五苓散 12

用法:嘔吐、下痢、むくみ、頭痛、めまいのある時に使います

用量:1日3包、1回1包 4日分

吐き気止め:ナウゼリンOD10mg 5回分

用法:吐き気のある時に使います

用量:1回1錠、6時間あけて再度内服していただいて構いません

酔い止め:トラベルミン配合錠 5回分

用法:乗り物に乗る30分前、めまいのする時

用量:1回1錠、乗り物前もしくはめまいのある時

※市販の風邪薬にも同じ成分が入っていることがあり併用は避けてください

抗炎症作用のある軟膏:デルモゾールG軟膏5g 1

用法:虫刺されや湿疹のある時に使用してください

用量:1日2回 朝と入浴後に患部に塗ってください

 

荻窪にお住いの方で海外旅行を予定されている方は安心な旅行にするためにどうぞお薬の準備にご利用ください。

参考資料

厚生労働省検疫所 FORTH 海外で健康に過ごすために(サイトはこちら